Amazonギフト券を利用した現金化の方法について解説いたします。

Amazonギフト券を使った現金化

 

換金に使えるギフト券

 

クレジットカードのショッピング枠を現金化する際に、Amazonギフト券を購入して業者に買い取ってもらうという方法があります。
しかし、買取業者によって換金率や入金までのスピードが変動するため自分の目的に応じた選択をすることが重要です。
ここではAmazonギフト券の現金化における基礎的な知識をご紹介します。

 

 

 

Amazonギフト券とは

 

Amazonとは言わずと知れた米国Amazon社の運営する世界最大のショッピングサイトです。Amazonギフト券とは、そのAmazonで利用できるプリペイド式の電子マネーのことです。
ギフト券という名前が示す通り、誕生日、結婚・出産といったお祝いをする時の贈り物やAmazon内で買い物をする際の決済方法として利用されます。

 

中でも大きく2種類に分けることができ、コンビニなどで買える実物の「カードタイプ」や「印刷タイプ」といったものと、「メールタイプ」やアカウントに直接入金する「チャージタイプ」といったデジタルのものがあります。

 

 

現金化の方法

 

そんなAmazonギフト券ですが、現金化するにはどういった方法があるのでしょうか?
現在、主に利用されている3つをご紹介します。

 

ギフト券がお金になります

 

買取サイト

Amazonギフト券現金化の中でも最も人気が高いものは「Amazonギフト券買取サイト」を利用するという方法です。
こういった買取サイトで換金してもらう際には、Amazonギフト券の裏面に記載されている番号をメールなどで送信するだけなので、とてもお手軽な手段であるといえます。
カードなどの現物を郵送する必要がなく、ネット上で取引が完了するため入金までのスピードが早いといった魅力も見逃せません。

 

デメリットとしては、稀に悪徳業者に当たってしまうという点が挙げられます。
取引中に提示されていた金額よりも少ない額しか入金されていなかったり、場合によっては1円も入金されなかったりといったケースも少なからず存在します。
Amazonギフト券買取サイトを利用する際には、事前に口コミなどの情報を集めておいて慎重に業者を選定するよう心がけましょう。

 

チケットショップ

駅の近くや商業施設の中などで、チケットショップを見かけたことはありませんか?
Amazonギフト券も金券に分類されるため、そういったショップで売却しお金に替えることも可能です。

 

しかしこういったショップはどこにでもあるような物ではなく、自宅から距離がある場合などは足を運ぶ際に交通費などがかかってしまいます。
また、ほとんどのショップは営業時間が短いという点も問題です。大体10時~18時の間でしか買取を行っていないので、時間の融通が利きにくいといったデメリットも存在します。
さらに、近頃では上記の買取サイトなどの台頭によりチケットショップなどの需要が低下し、市場の規模も縮小しつつあります。

 

換金性の高いものを購入して売却

 

ギフト券を換金チケットショップなどでの買取という手段が使えない場合は、Amazonギフト券を利用して商品を購入し、その購入したものを売却するといった方法で現金を手に入れることも可能です。
簡単にいうと、Amazonなどでブランド物、家電や最新のゲーム類などをギフト券を使って購入し、届いた商品を買取ショップに持っていくという方法です。
こうした方法によりチケットショップで換金できなかったものを現金化することは可能ですが、この方法にも非常に大きなデメリットが存在します。

 

まず、ギフト券→商品→現金というプロセスで現金化を行うため、各業者により手数料や送料などが余計にかかってしまいます。
なので換金率としては非常に低く、あまりオススメできる方法ではありません。

 

 

ページの先頭へ戻る