クレジットカードの現金化を業者に依頼する際の方法についてご説明します。

キャッシュバック型と買い取り型

 

クレジットカードとお金

クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、業者によって2つの方法があります。
それが「キャッシュバック型」「買い取り型」になります。

 

どちらも現金化するという意味では同じなのですが、入金までのプロセスが異なり、それぞれに特徴があります。
今回はこの2つの現金化方法について詳しく解説していきます。

 

 

キャッシュバック型

 

まず、キャッシュバック型について説明します。
キャッシュバック型とは簡単にいうと「利用者側が現金化業者側から無価値な商材をクレジットカードを使って高額で購入し、その一部をキャッシュバックとして払い戻してもらう」といった方法になります。

 

具体的な例を挙げると、まず10万円でクレジットカード現金化業者から無価値な商品(情報商材など)を買い、次に業者がキャッシュバックとして9万円を購入者の口座に振り込む、といったような流れになります。
ほぼ無価値な商品を高額で販売するので、このような高い割合でのキャッシュバックが可能になるのです。

 

こういった形をとることによって商取引の体裁を保っているため、法律に触れることはありません。

 

 

買い取り型

 

次に買い取り型です。こちらはキャッシュバック型よりも仕組みが単純で「クレジットカード現金化業者の指定した商品(ギフトコードや金券など高額で売却できるもの)を購入し、それを買い取ってもらう」という形になります。
人気のある家電やゲーム機、金券や商品券など換金性の高い商品をクレジットカードで購入し、売却するというわけです。

 

インターネットで換金するイメージ

 

お気づきの通り、この方法は業者に頼らずとも自分で行うことが可能です。
自分で商材を探して購入し、売却すれば換金率を最大まで高めることができます。
しかし換金性の高い商品というのは流行り廃りが激しく、日によって相場が変わってしまうため、初心者にはオススメしにくいという側面もあります。

 

また換金性の高い商品の購入にはクレジットカード会社側も目を光らせており、最悪の場合カードの利用が停止されてしまう可能性もあります。
業者を利用すれば手数料はかかるものの、安定した換金率で即座に入金してもらえるというメリットがあります。

 

 

 

主流はキャッシュバック型

 

この2つの現金化方法の内、現在の主流とされているのはキャッシュバック型です。
以前は買い取り型による現金化が多かったようですが、悪徳業者などが参入しやすいという問題点がありました。
買い取り査定の際に、細かいキズや開封痕などを指摘され安く買い叩かれてしまったり、そもそも買取金額が支払われなかったりといったケースが頻発したようです。

 

とはいえキャッシュバック型にも悪徳業者が参入していることは事実です。
買い取り型とは違って全ての取引がインターネット上で完結してしまうため、悪徳業者にとっては足がつきにくいという利点があるのです。

なのでどちらの方式を利用する際にも、信頼できる業者なのかを見極める目を養っておく必要があります。

ページの先頭へ戻る