クレジットカードを現金化する際に、気になるのは換金率とスピードです。

換金率と入金スピード

 

クレジットカードの現金化を行う際に注目したいポイントは、換金率と入金までのスピードです。

 

特に、すぐにお金を用意したい人にとって入金スピードは死活問題であるといえるのではないでしょうか。
かといって換金率を無視してしまうと手数料などにより大幅な損失となってしまいます。こちらではクレジットカード現金化の際の換金率と入金スピードの関係を説明します。

 

お金を貯めるには?貯金箱と子供

 

 

換金率

 

まず換金率から解説していきます。
例えばクレジットカードのショッピング枠を10万円分現金化しようとした場合、換金率が仮に90%だとすると実際に振り込まれる金額は9万円ということになります。

 

業者を利用して現金化をすればクレジットカード会社に目をつけられて利用停止になるリスクは低くなりますが、その分手数料などが上乗せされてしまうため、即金とはいえど実質換金率は80%を下回ってしまいます。

 

リスクを受け入れ、時間も手間も惜しまないのであれば自分で商品を売買して現金を得るといった方法をとれば高還元率を実現できるかもしれません。

 

自分で売買する際のメリット・デメリットをまとめてみましょう。

 

メリット
  • 売買する商品によっては換金率を限界まで高めることが可能
  • 売買に関する知識をつけることができるため、他のビジネスにも応用できる。

 

デメリット
  • 商品を購入し買取業者に持ち込むもしくはオークションサイトなどに出品する必要があるため、手間が非常にかかる。
  • 高額買取の商品は流行り廃りが激しいため、初心者には見極めが難しい。
  • 換金性の高い商品を購入するとクレジットカード会社に目をつけられ、利用停止になる可能性がある。

 

 

入金までのスピード

インターネットでで現金化する

 

次に入金までのスピードについて説明します。
すぐに現金が必要な人であれば、換金率を多少無視してでも入金までのスピードを重視するかと思います。
そんな人にオススメなのが業者を利用した現金化という方法です。
この方法であれば、換金率は80%程になってしまうものの、カード利用停止のリスクも低く手軽に現金を手に入れることができます。

 

業者による現金化のメリット・デメリットは下記の通りです。

 

メリット
  • 現金を手に入れるまでの時間が早い
  • インターネットで完結するため店舗に足を運ぶ必要がない。
  • 業者を通して現金化を行うため、カードが停止するリスクが低い。
  • 換金率が安定している。
  • 様々な業者を比較検討し自分に合った所を選ぶことができる。
  • 24時間いつでも申し込みができる。

 

デメリット
  • 換金率は大体80%以下になることが多い
  • ネットバンクを持っていないと翌営業日になるなど少し時間がかかってしまう。
  • 稀に悪徳業者に当たってしまうことがある。

 

 

悪徳業者に注意

クレジットカード現金化の悪徳業者

 

これはクレジットカード現金化に限る話ではないのですが、いつの世にも他人を騙してお金を手にしようとする人がいます。
インターネットでの取引は相手の顔が見えないということもあるので細心の注意を払って業者を選ぶ必要があります。
優良な業者を見つけたら、そこの常連になってしまうのが一番安心かもしれません。

 

ページの先頭へ戻る