現金化するときに知っておきたい、換金性の高い商品をご紹介します。

換金性の高い商品

換金率の高い商品

「1%でも高く換金したい…」
そんなとき、どのような商品を購入し現金に変えるのが良いのでしょうか。
クレジットカード現金化を通さない場合、換金率がそのまま自身の手取りとなりますので、リセールバリューが高い商品であればその分懐は温まります。
こちらでは換金性の高い商品についてまとめてみました。

 

 

換金性の高い商品とは

 

では、実際に換金性の高い商品とはどういったものが挙げられるのでしょうか?
現在の主流とされている4つの商品について解説していきます。

 

商品とお金について

 

ブランド品

現金化にあたってまず考えられるのはブランド品です。いつの時代も様々な人から需要のあるブランド品は値段の変動も少なく、高値で取引されているのが特徴です。

 

中でも洋服や靴、財布やバッグ、腕時計といった商品は非常に人気が高く、現金化にはもってこいの商材であるといえるでしょう。
こうした商品の買取は全国どこでも行われており、近くに店舗が見つからない場合でもインタネートのオークションやフリマアプリを使えば簡単に売却することが可能です。

 

しかし、こういったブランド品の中にも人気がないものはあります。
どういったブランドが商材として最適なのか、しっかり見極められる目を養っておく必要があるでしょう。

 

ゲーム機やゲームソフト

ブランド品と同じようにゲーム機やゲームソフトも、換金率が高い商品として挙げられます。
最新のゲーム機などは入手が困難であったりするため、場合によっては購入した金額以上で売却できることもあります。

 

しかしこうした人気は一過性のものであり、流行り廃りが非常に激しいという特徴も持っています。
普段からゲームをしている人などは、どういったものが人気なのかという勘が働くため、現金化の際にも有利かもしれません。

 

金券やギフト券

金券やギフト券は用途が限定されてしまうものの、お金として扱われるものなので換金率は非常に高いことが多いです。

 

問題点としては長くクレジットカード現金化の商材として扱われてきたため、カード会社からの監視も厳しく、ショップによってはそもそもクレジットカードで購入することができないといったこともあります。

 

Amazon、Itunesなどの電子マネー

金券やギフト券に代わり、現在クレジットカード現金化の主流とされているのが「Amazonギフト券」や「Itunesカード」といった商品です。
こちらも用途は限られますがお金として使うことができるため、様々なところで需要があります。
またコンビニやインターネット上など、どこでも入手することができるのでお手軽に現金化を行うことができるのではないでしょうか。

 

 

危険な商品でもある

 

上記の4つはクレジットカードの現金化として非常に優秀ですが、同時に共通したデメリットを抱えています。
それは、換金率が高いからといってまとめ買いをしてしまうとカード会社に現金化が露見しやすいという点です。

 

換金率の高い商品を注意する人

 

こういった商品は普通だと一人で同じ物を何個も買ったりはしないため、不自然なまとめ買いをするとバレやすいということです。
また自然な形で購入できた際にも、買取価格を比較しながらショップまで足を運ぶ、もしくはオークションサイトで出品するなどしなくてはならないため、時間と手間がかかってしまいます。

 

 

ページの先頭へ戻る