クレジットカードの現金化と、キャッシング枠との違いはご存知ですか?

クレジットカード現金化とキャッシングの違い

 

クレジットカード現金化キャッシングは、どちらも現金を手に入れるという意味では同じなのですが、その過程には大きな違いがあります。

 

キャッシングとはお金を借りるという意味なのですが、そう聞くと多くの人は消費者金融などをイメージしてしまうのではないでしょうか?
しかし現在は消費者金融に限らず、様々な銀行や企業がキャッシングというシステムを取り入れています。
同じようにクレジットカードにも「キャッシング枠」としてお金を借りることができる機能があるのです。

 

 

そもそもキャッシングとは

 

現金化に使うクレジットカードキャッシングとは自分の年収などから利用限度額が決まり、その中からお金を借りることができるというシステムになります。

この機能がついているクレジットカードやキャッシュカードがあれば、コンビニなどのATMからでも現金を引き出すことが可能です。

 

しかし収入のない人や低い人はそもそも審査を通らず、お金を借りることができなかったり、限度額が低く設定されてしまったりすることもあります。
法律により、個人が借り入れできる金額は基本的に年収の3分の1までとされています。

 

 

クレジットカード現金化との違い

 

クレジットカードには「キャッシング枠」というものが設けられていることが殆どです。普段の買物で使えるのが「ショッピング枠」で、その一部から「現金で融資してもらえる金額」のことをキャッシング枠といいます。

 

クレジットカードの現金化というのは基本的にこの「ショッピング枠」をどのように現金に替えるか、ということが重要になります。
なので普通の借り入れとは違い、「買い物をした代金」として翌月以降にカード会社に支払をしなくてはいけません。
ただし、一括もしくは2回までの分割などで返済する場合は手数料がかかりません。
借り入れだと返済する際に金利が上乗せされてしまうので少し損をしたように感じるかもしれませんね。

 

現金が手元にない人

 

実際にこの現金化を利用しようとするのは、キャッシング枠を限界まで使い切ってしまった場合に限るのではないでしょうか?
少しの間だけ現金を用意したい、という人には便利なサービスであるクレジットカード現金化ですが、法律的にはグレーゾーンとされており今後の規制によっては利用できなくなってしまう可能性もあります。

 

 

利用者は罪に問われる?

クレジットカードの現金化は自己責任

 

今のところはクレジットカード現金化の利用者側で違法性を問われた事例はないようです。
しかしながら、違法性を問われなかったとしてもクレジットカード会社との「利用規約」には抵触している場合が殆どであり、目をつけられてしまえば最悪利用停止ということになってしまう可能性は十分に考えられます。
現金化業者に依頼することで多少はリスクを回避することはできますが、それでも悪徳業者などに当たってしまうとお金が支払われなかったり個人情報が盗まれたりしてしまう可能性があります。

クレジットカードを現金化する際には細心の注意を払って自己責任で利用しましょう。

 

 

ページの先頭へ戻る